toggle
時代とともに~供養の新しいかたち

墓じまい


昨今、「墓じまい」という言葉がテレビや雑誌などのメディアで取り上げられることが多くなりました。

  • お墓が遠くてお参りが大変
  • 継承者がいないので将来のお墓が心配
  • 子どもに負担をかけたくない

等、お墓に対する悩みを抱えている方も少なくありません。
このような悩みを解決する方法として墓じまいという選択肢があります。
しかし、実際に墓じまいをした経験のある方は少なく、一生に一回行うことがあるかどうかということでまだまだ情報が少ないのが現状です。

「墓じまい」に関する疑問

Q1.墓じまいの費用の相場は?
A1.回答
墓じまいの費用の大まかな目安をまとめてみました。
1.墓石撤去費用:10万円~30万円
石材店に依頼して、「墓石の解体費用」「墓石の処分費用」などが発生します。
地域やお墓の大きさ、搬出の難易度等によっても金額は異なりますが、1㎡あたり10万円が相場です。
2.離檀料:5万円~20万円
「今までお世話になった御礼」として寺院へお布施を用意します。
一般的には5万円、格式ある寺院の場合は20万円程度が目安でしょう。
3.魂抜きのお布施:5万円程度
墓石の解体工事の前に、墓石に宿った魂を抜くために僧侶に読経してもらいます。
4.遺骨を移し供養するための費用
墓じまいした後、遺骨を別の場所へ移して供養する必要があります。
供養先によって費用が異なります。
・お墓…150万円~200万円
・納骨堂…20万円~100万円
・樹木葬…5万円~80万円
・永代供養墓…10万円~150万円
・散骨…0~30万円

墓じまい費用の相場について詳しくはこちら

Q2.お墓が遠いのですが、お墓に行かないと墓じまいはできませんか?
A2.回答
石材店が墓石の撤去作業を行います。
また、改葬の手続きも郵送で行うことができるため、お墓に行かなくても墓じまいは可能です。
ただ、お墓は家族や親族、ご先祖さまの気持ちを込めてお参りされてきたものですので、可能な限り作業に立ち合ってあげることも必要ではないでしょうか。
Q3.埋葬されている遺骨が誰だか分からないのですが墓じまいできますか?
A3.回答
「改葬許可申請書」に誰の遺骨なのかを記入して市区町村役場へ提出する必要があります。
しかし、古いお墓で、墓地管理者と相談しても遺骨が誰なのかを特定できない場合には「不詳」と記入することで、役場も受理してくれるので安心して下さい。
Q4.墓じまいの時の服装は?
A4.回答
遺骨の取り出しに立ち合う場合は平服で大丈夫です。
閉眼供養も法要ですので施主は喪服を着るのがマナーとされていますが、実際のところは平服が多いです。
Q5.改葬申請の手続きは行政書士に依頼したほうがよいのでしょうか?
A5.回答
行政書士に依頼すると手数料として5万円程度の費用がかかります。
手続き自体はとても簡単ですのでご自身で申請することをおすすめします。
Q6.墓じまいの後、散骨したいのですが手続きは必要ですか?
A6.回答
散骨の場合、行政機関への特別な手続きは不要です。
ご自身でも散骨することができますが、粉骨する必要や場所選定において制約があるので注意が必要です。

散骨について詳しくはこちら

Q7.たくさんの遺骨を改葬したいのですが、良い方法はありますか?
A7.回答
古いお墓の場合、多くの骨壷が入っていることもあります。
たくさんの骨壷をそのまま改葬すると、改葬先の納骨室に入りきらないこともあるでしょう。
その場合は、粉骨(お骨をパウダーに)しコンパクト化することをおすすめします。
粉骨することで半分以下の嵩に小さくすることができます。
例えば、骨壷10個を粉骨することにより3個程度の骨壷へ移し替えすることが可能となるので納骨室のスペースを確保することができます。

粉骨について詳しくはこちら

Q8.土葬の遺骨がありますが墓じまいできますか?
A8.回答
遺骨が土葬であっても墓じまい可能です。
土葬の遺骨の場合、再火葬が必要となる場合もあります。
各自治体の条例や改葬先の規定により火葬が義務化されていることもありますので、事前に確認しておいたほうがよいでしょう。
Q9.墓じまいに適したタイミングはありますか?
A9.回答
特に決まりはありませんが、お盆やお彼岸、回忌法要が終わった後がよいとされています。
Q10.改葬先が決まっていないのですが、墓じまいできますか?
A10.回答
改葬先が未定の場合は、一旦自宅で保管することになります。
正式に改葬先が決まってから改葬許可証を交付してもらうと良いでしょう。
Q11.墓じまいをするお金がありません。お墓はどうなりますか?
A11.回答
お墓を守る人がいなくなると、無縁墓となってしまいます。
無縁墓となったまま放置されるか、または墓石が撤去され遺骨は合祀されることが多いです。

無縁墓について詳しくはこちら

Q12.勝手に遺骨を移動することはできますか?
A12.回答
遺骨の所有権は祭祀継承者にあります。
祭祀承継者がカロートの開け方など熟知している場合、遺骨を移動することは可能です。
しかし、墓じまいでは、墓地管理者の承諾や行政手続きが必要ですので注意が必要です。
Q13.住職が墓じまいを拒否した場合、墓じまいはできないのですか?
A13.回答
住職が墓じまいを拒絶するというのは、信教の自由を阻害していると考えられます。
埋蔵証明の発行に応じてくれない場合、市区町村へ所定の書類を提出すると改葬できるケースもあるので役場へ相談してみてはいかがでしょうか。
Q14.墓じまいの手順は?
A14.回答
墓じまいは以下の手順で行います。

  1. お墓の移転先を決める
  2. 墓地管理者に相談する
  3. 市町村役場に改葬申請する
  4. 石材店を決める
  5. 閉眼供養をしてもらい、遺骨を取り出す
  6. 墓石を撤去・処分して更地にする。墓所を返還する
  7. 新しいお墓へ納骨する

墓じまいの手続きについて詳しくはこちら

Q15.骨壷はどのように移動すればいいの?
A15.回答
骨壷を移動する方法に特に決まりはありません。
車や電車などで移動させても大丈夫です。
周りの方への配慮として、バックや風呂敷などを用意するとよいでしょう。
民間の宅配業者を利用する場合は制約があります。
国内で遺骨を送ることが可能なのは郵便局のゆうパックのみです。

遺骨の郵送について詳しくはこちら

Q16.墓じまいはどのくらい時間がかかりますか?
A16.回答
場合によって異なりますが、書類を揃えたり古いお墓の撤去まで含めると半年から1年位かかるのが一般的です。
新しいお墓を建てる工期は約3ヵ月ほどです。
ゆとりをもって墓じまいの計画をたてるとよいでしょう。