toggle
時代とともに~供養の新しいかたち
2020-10-16

手元供養をしたい

故人と一緒に過ごしたい、という想いから手元供養を選択される方が増えています。

故人の誕生日や命日などの記念日に骨壺を開ける方も少なくありません。
久しぶりに骨壺を開けて中のご遺骨を見たときに、カビが生えていたらショックが大きいのではないでしょうか。
カビが生えることで部屋中に臭いが発生したり、衛生状態が悪くなってしまいます。

大切なご遺骨をきれいな状態で保管するための注意点をご案内します。

手元供養によくある骨壺内に発生するカビ対策3つの方法

ご遺骨は湿気に弱い面があり、カビやすい性質があります。
プロがこっそりお教えするカビ対策を紹介します。

  1. 骨壺の蓋が被せてあるだけでカタカタ緩くないか
  2. 骨壺と蓋にテープがしっかりと貼ってあり密封状態になっているか
  3. 骨壺の保管場所の湿度と温度

この3つをチェックすることで大切なご遺骨を守ることができます。

手元供養において骨壺にカビが生えやすくなる行為

カビが生えるには理由があります。よくある行為をまとめてみました。

頻繁に蓋をあける

故人を偲んで蓋を開けたくなる気持ちは分かりますが、空気中の水分などが付着しカビの生える原因にもなりますので控えた方がよいでしょう。

遺骨を素手で触る

手のひらにも湿気や菌を含んでいます。遺骨に直接触れることでカビの要因となります。

万が一、手元供養をしていてカビが生えてしまったら

生えてしまったカビを増殖を抑えるためには、湿気を取る必要があります。
骨壺の中に乾燥剤(お菓子に中によく入っています)を入れることも対策のひとつとなります。
また、臭いが気になるレベルまでカビ繁殖が進んでしまった場合には、ご遺骨を天日干しすることで改善できます。
骨壺を開けて、新聞紙等に広げて天日干しすることで紫外線により増殖を抑える効果があります。

川崎・横浜 洗浄粉骨ならテラサポートへ

関連記事